behind you

ちりぬべき時知りてこそ世の中の 花も花なれ人も人なれ

§ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--/-- --:--:--  スポンサー広告/CM(-)/TB(-)/

§ 現状維持って

ぼくの妹もかんとーに住んでいるんですが持病があるので
ぼくは福島原発事故にゅーすを聞いたその日に
これはまずいから疎開したほうがよいと妹に言いました
事故から週明け月曜日妹は中国地方の母の親戚の家に避難しました

案の定福島原発は深刻な方向に向かい
一足先に動けた妹のことを思いよかったなと思ってたんです

ところがつい最近読んだにゅーすで

上関原発の建設妨害、間接強制を山口地裁認める

この時勢にそぐわない判決内容ですが
まぁそれよりも何よりも妹が疎開した先のすぐ近くに建設予定地があったのかと
不勉強なぼくはとても驚きました
確かに伊方にあるのは知っていたんですが
まさか瀬戸内海にも立てる予定だったとは…

それで上関原発についてぐぐってる最中に下記の動画をみつけたわけです

2010年3月20日上関原発建設予定地域で行われた講演会

1時間46分という長時間の動画ですが
個人的に最近見てきた原発賛成・反対関連の動画の中では
一番わかりやすかった気がします
チェルノブイリ、遺伝子損傷、原発が日本に浸透した背景
何故原発をやめるべきなのか(これは反対派の方の動画なので)等が内容

講演されてる方は京都大学に40年以上勤められてる先生なんですが
彼の肩書きはというと助手
講演内容からすると多分永久に助手…なのかな

最後の質疑応答部分で
彼の40年の歴史は敗北の歴史と歯を食いしばられていたのが
とても印象深かったです

今回の福島事故の影響で強制埋め立てが開始されつつあった工事が
一旦中断になったようでちょっとひと安心
でも今後どうなるのかな

28年間もこの建設予定地地域住民たちは賛成反対で分裂していたわけですが
供給先予定の関西大都市の住民たちはそのこと知っているのかな…
って思い記事にしてみました


某びでおにゅーすの特別企画がゆーすとにうpされていたのでそれを見ていたんですが
福島事故があって最近の世論調査があったと言っていたのでぐぐってみました

「国内にある原発は今後、どうすべきだと思うか」
という設問に対しての
東京都内の有権者を対象にした世論調査回答(東京新聞調べ)です

「運転しながら安全対策を強化していく」 56.2%
「いったん止め、対応を検討する」 25.2%
「やめて、別の発電方法をとる」 14.1%
「これまでどおりで運転」 1.7%
「わからない・無回答」 2.8%

ぼくは基本的に世論調査とかは設問の設け方や回答の選択肢の設け方によって
実施者が自由に世論を誘導できる胡散臭いものと思っていて信用してないんですが
しかしそれでもこれはちょっとすごいなって思ってしまった(笑)

原発やめたら=停電=経済活動だうん=ふじゆーな生活
みたいな刷り込みの歴史ってすごいね

記事内で不安だと答えた人たち中でも回答とってるんですけど
現状維持派っていうんでしょうか
その%が余りにも高い
これは~いや~びっくりした
さすが世論調査(笑)って言っておこう



2011/04/02/Sat 01:34:30  khaos/CM:0/TB(-)/
new 長い私信 / MAIN / ぱふぉーまんすは必要か old

COMMENT

COMMENT POST

/
/
/
/



 
 内緒です♪

MAIN
copyright © 2006 behind you. All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。